ショッピング

マンションの選び方・買い方

新築マンション 大震災の後、新築マンションは売主も買主も厳選傾向が強まっています。安定した地形・土壌で、タワーマンションのような耐震性や施設の充実した大型の開発物件、もしくは職場に近い中・低層の物件が選好されています。
東日本では2011年3月11日以降、震度3程度の余震がほぼ毎日どこかで発生しており、タワーマンションの高層階では免震の効果で比較的長くゆっくりと乗船している時のような揺れに襲われます。最新の技術により自身のエネルギーが分散されるようになっているので倒壊の恐れはないとディベロッパーや不動産会社から説明がありますが、地震の恐怖から、揺れに過敏になっている人も多く強風のときにも揺れるので不安に思う人がいます。
建設前の応募購入の場合には内見や高層を体験できません。一軒家、低層建物からの住み替えの際には気にかけておきたいポイントです。


    規模
  • 超大規模
  • 大規模
  • 小・中規模

中古マンション すでに建設されて1年以上経過したマンションです。
実物があり、空き室や売主が協力してくれる場合には内見もできるので賃貸物件を選ぶように購入できるのが魅力です。また、すでに中古なので一度入居してから転勤などで引越しする場合に物件を売却したり、賃貸物件として貸出しする際に損失が少ない傾向にあります。
中古マンションを購入する際には、いわゆる訳アリ(マンション内で事件・事故、トラブルが発生している)については要注意です。安くなっているからといって購入すると後で売るに売れずに管理費も負担になるケースがあります。
    ポイントは管理状態
  • 築年数
  • 管理状態(管理組合や大規模修繕の実施状況)
  • トラブルの有無