仕事ナビ

仕事選び

就職活動(新卒採用) 経済状況から人気は安定企業、高収益企業、働きがいのある企業に集中しています。儲かっている企業は利益の源泉が「人」にあることをよく理解しています。ですから、給与水準も高く、福利厚生やキャリアアップの企業からの支援も充実しています。そういった会社の社員になれれば良いスパイラルで、会社も自分も大きく成長できます。企業が成長しているということは組織が拡大しているために花形の仕事があり、役職ポストも用意され、チャンスがたくさんあります。
一方で不人気の企業は給与水準が低く、スキルが身につかずキャリアになりません。社員をコストの対象として見ているので福利厚生などは無いか実質利用できないようになっています。それどころか悪いスパイラルに陥っている企業では内部対立、いじめ、足の引っ張り合いなどひどいもので益々悪化します。そうしていくうちに遵法すらなくなり、いわゆるブラック企業と呼ばれる状態になります。



    良い企業
  • 給与水準が高い (歩合でごくわずかな人が多くもらっているところは危険)
  • 働きやすい環境を整えている (通勤不便 サービス業で駅や幹線道路から遠いところ×)
  • 福利厚生が充実している


転職 年功序列、ひとつの会社に永く勤めるということが美徳の時代ではないと思いますが、まだまだ転職者への評価は厳しくなる傾向があります。
価値のある経験、他社でも通用するスキル、キャリアを身に着けておかないと転職で給料アップというようにはいきません。しかし、業績がしっかりとしている拡大中の企業では人手がいつも不足しているのでチャンスもあります。
好況・不況は世界や地域全体で一律ではなく、業界や業種でも変わっています。一過性のブームでなく、長期的な拡大が見込める場合には有望な転職先です。
やりたい仕事がある場合には転職情報サイトをチェックします。高度・特殊なスキル、経験が生かせるのは転職コンサルタント・スカウトです。

    転職情報サイト
  • リクルート
  • -

    転職コンサルタント・スカウト
  • en Japan
  • -